生命保険掛け捨てで安いのはどこ?お近くの窓口で無料相談

近年、ペットの家族化を対象にしたビジネスが増えています。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」など人間と同じようにペットを扱っています。

ペット保険とは、事故による怪我の治療などで動物病院に行った際にかかった費用を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、オプションでガン給付金や死亡給付金がついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチン接種は保険の適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

保障内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも内容を紹介をしていますので相談してみましょう。

一般的にサービスなどの評判は悪評の方が頭に残ってしまうことが多いそうです。

ライフプランの見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでもそういったことはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と快く言ってくれて安心できた、本当に内容の確認だけでもOKだったなどイメージとは全く異なることがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるからという選択もいいのですが黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスを選ぶ方法もあります。

流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、無料で景品プレゼントを行っていると強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

でも安心してください、最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

最近テレビCMなどいろいろなところで耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

なぜ無料でできるのかをご説明いたします。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社からすると、案内した保険に相談者が加入してもらうことが重要になります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

意を決して保険無料相談をA社のFPにやってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

A社のFPが信頼できると感じて乗り換えをするならいいのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の内容をB社に見せると担当者によっては本当に必要な保障まで外して価格面だけを重視して提案してくる可能性があります。

担当者によって考え方は変わりますがA社の提案内容を見せる場合、「この内容でOKです」と言うくらいの連絡をマメに取ってくれる、説明がわかりやすいなど自分の中での信頼できる人の基準を持ちましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

皆さんは自分の入っている保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでもわからない内容があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、滅多に使わないので保障内容や申請方法を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを活用することにより現在加入中の保障内容がライフプランに合っているか確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ内容なのに月額を低く抑えることができたという話も聞きます。

プロによる保険無料相談を行っているいくつかの会社を、それぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。

比較検討をする際のポイントは、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、取り扱いが可能な商品の豊富さ、そしてなんといってもFPさんの質や評判でしょう。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、満足のいく結果が出るまでじっくり検討を繰り返しながら、「この人なら信頼できる」と思えるような人と今後の人生について話し合えると良いですね。

保険の勧誘や案内は「保険業法」でいろいろな規制が決められています。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やクオカードなどのプレゼントができなくなりました。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には牛肉などの物品そのもののプレゼントについては具体例が載っていなく、新年の挨拶などでもらうカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

保険の見直しを無料で行う会社があることは、もう多くの人がご存知でしょう。

ネットからでも手軽に申し込みができ、FPさんと話すことに対して敷居が低くなっています。

もちろんそうはいっても、自分で調べられることは準備しておきましょう。

今の保障内容はもちろんなのですが、自分のライフスタイルを考えてどんな保障があると助かるのか、またどれが不必要なのか、支払い可能な月額はどれくらいなのか、今の時点で予想される将来的な生活の変化など、FPさんとの話合を有意義な時間にするためにも調べておきましょう。

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

有料でもおかしくないような専門的な話し合いができるのに、なぜお金がかからないのでしょうか。

下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。

つまり我々と直接関わり合いになるFPさんにとっては契約に至ってようやくお金をもらえることになるわけですが、営業の機会を多く得ることができるため、皆が得するメカニズムと言えるかもしれません。

車の買取などで見積もりをお願いしたことってありますか?見積もりを取った後は業者から電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をしたりするのが楽しいと言いますが最近では、電話が苦手という方が多いイメージを持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘トラブルへの対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールという仕組みがあり電話一本で勧誘・相談のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能業界や飲食業界だと思います。

実は保険無料相談サービスもとても気にしているんです。

というのも、無料相談サ―ビスに登録してるFPは相談者が提案された保険を契約したときに保険会社から報酬が発生するからです。

強引な勧誘をしていたり対応が酷いとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

その対策として、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?という疑問です。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、相談者に提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を提案してくる人が中にはいるそうです。

逆に、有料の相談の場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

時折ネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は無料ではなく、FPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

時代が進むとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる窓口がたくさん増えました。

後から相談サービスに参入してきた企業は自社の保険を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたことで獲得しにくくなった金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しを行ってもらいたいという考えから始まりました。

皆さんは買い物に行って必要ないものを勧められて買ってしまったというようなトラブルの経験や気持ちになったことはありますか。

中には、保険相談時に虚偽説明や説明不足な状態で不適当な保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、病気の治療で入院して保険金を請求したら告知義務違反で保障を利用しても保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時にどこに相談したらいいのかわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういったトラブルが発生した時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

参考:生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】